ある日腰が悲鳴を上げて病院に行ったら

「椎間板ヘルニア」または「脊柱管狭窄症」と診断されてしまったあなた、これからどうしますか?

 

 

画像

ヘルニアや脊柱管狭窄症が良くなれる可能性があります。

 

その理由

 

理由1、痛みやしびれが違う原因だから。

理由2、神経が圧迫されても、痛みの原因とは直接関係ないから。

理由3、腰や脚に痛みがあっても歩くことができるから。

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症=手術ではありません。

 

画像検査の診断が全てではありません。

 

まず、椎間板ヘルニアとは?

椎間板というクッションの役割をしたものが潰れて、神経を圧迫することで起こると言われています。

 

しかし、その飛び出しが直接の痛みの原因とは限りません。

ヘルニアを持っている人でも全く痛みが無い方がいます。

 

脊柱管狭窄症も同様です。

背骨の中に脊柱管という空間があり、そこに脳から繋がる脊髄などの神経が通っています。

加齢で骨の変形やずれが起こることで、脊柱管が狭くなったりします。

痛みやしびれが出ると言われていますが、動作によっては痛みが出ない場合があります。

特に痛みが出るのが背中を反らした時が多いです。

 

ヘルニアも脊柱管狭窄症も、動作によっては楽な時があります。

 

 

 

 

ヘルニアも狭窄症も骨格の歪み、捻れが原因です!!

まずは骨格の歪み、捻れを取っていきましょう!!

痛みが出る部分=一番テンションが掛かっている。

 

その原因を取り除き、動きを良くしていきましょう。

 

 

腰椎分離症やすべり症は狭窄症の入り口となります。

筋力が低下すると腰椎がしっかり安定せずに、前方に

せり出てきます。いわゆる「反り腰」という状態に

なっている場合は注意が必要です。

こういった方の場合、一見姿勢がよく見えるのですが、

実は腰にすごく負担がかかっています。

最近この「すべり症」の方が多いです。

 

 

ヘルニア、狭窄症は「原因ではなく結果」です。

 

貴方の動きのクセ

日常生活のクセ

偏った動き

悪い姿勢

 

これらの悪い習慣の積み重ねが続いてそうなったということになります。

 

結果に対してアプローチしているから、いつまでも良くならないのではないでしょうか?

 

 

 

 

元から歪みや捻れを整えれば、痛みや動きにくさも改善できます。

 

ヘルニアの施術事例

若い頃から側弯症とヘルニアがあり、ブロック注射で痛みは軽減されたが、現在の立ち仕事の影響で、また痛み、足のしびれが出てきた。

 

1回目の施術後腰の痛みはかなり減り(本人の感想)、身体の歪みもだいぶ調整された。

 

ただしリバウンドがあるので、5回目までは週に1度のペースで調整していく。

手術は根本療法ではありません。

手術をしても改善しないケースが多々あります。

手術を否定するわけではありません。でも、手術をしない選択も考えてはいかがでしょうか?

当院のヘルニア、狭窄症改善整体は

  • 画像

    優し刺激の関節調整だから、身体への負担が少ない。

  • 画像

    頭・手・足といった末端から歪みや捻れを調整するから体全体が軽くなる。

  • 画像

    検査と施術を同時進行するので違いがわかりやすい。

【施術料金】

頭蓋調整 約40分 6,000円(税込)

頭蓋で全身の関節調整ができます。直接施術すると負担が掛かる腰や股関節などを安全に改善することが可能です。重症ほど改善する確率が上がります(全体のバランス調整も含まれています)。

 

足の歪み調整 約40分 6,000円(税込

歪んで固まっている足首、足根骨、趾関節を整えて、足の負担を軽くします。扁平足、外反母趾といった足のトラブルの予防に。土台の足のバランスが変わると、腰痛、肩こり、首こりが嘘のように楽になります。

(全体のバランス調整も含まれています)

 

全身調整 約70分 10,000円(税込)

整体と頭蓋調整、足の調整で、体全体の歪みの調整と血流、リンパの流れを促進、身体の不調の改善の他美容にも一役買います。

 

 

 

まずはご相談下さい。

ヘルニア、狭窄症が改善される可能性は十分あります。決して諦めないで下さい。そのために私が全力でサポート致します。