ある日腰が悲鳴を上げて病院に行ったら

「椎間板ヘルニア」または「脊柱管狭窄症」と診断されてしまったあなた、これからどうしますか?

 

 

画像

もし、あなたがそのように診断されても、ヘルニアや脊柱管狭窄症が良くなれる可能性があります。

 

その理由

理由1、痛みやしびれが違う原因だから。

理由2、神経が圧迫されても、痛みの原因とは直接関係ないから。

理由3、腰や脚に痛みがあっても歩くことができるから。

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症=手術ではありません。

腰が痛いときはコルセットをつけて保護する→却って腰痛を悪化させます。

 

ここで、知って置いていただきたいのが、画像検査の診断が全てではないという事です。

 

まず、椎間板ヘルニアとは?

腰の病気の代表格ではありますが、 

背骨と背骨の間にある椎間板というクッションの役割をしたものが潰れて、神経を圧迫することで起こると言われています。

しかし、その飛び出しが直接の痛みの原因とは限りません。

なかには、大きなヘルニアを持っている人でも全く痛みが無い方がいます。

 

但し、「馬尾」という太い神経があるのですが、そこが損傷している場合は薬物治療や外科的な治療が必要になります。

 

脊柱管狭窄症も同様です。

特に高齢の方が診断を受けるのが、脊柱管狭窄症です。

背骨の中に脊柱管という空間があり、そこに脳から繋がる脊髄などの神経が通っています。

加齢などで骨の変形やずれが起こることで、脊柱管が狭くなったりします。

痛みやしびれが出ると言われていますが、動作によっては痛みが出ない場合があります。

特に痛みが出るのが背中を反らした時が多いです。

 

ヘルニアも脊柱管狭窄症も、動作によっては楽な時があります。

 

という事は、腰そのものに原因があるのではなく、腰に関わる部位つまり周辺の筋肉や関節の動きを良くしてあげれば、腰への負担が軽くなるという事になります。

 

腰に近い部位で言うと、背骨や骨盤がありますが、これだけではあまり結果が出ません。

 

 

 

腰椎分離症やすべり症は狭窄症の入り口となります。

筋力が低下すると腰椎がしっかり安定せずに、前方に

せり出てきます。いわゆる「反り腰」という状態に

なっている場合は注意が必要です。

こういった方の場合、一見姿勢がよく見えるのですが、

実は腰にすごく負担がかかっています。

最近この「すべり症」の方が多いです。

 

 

 

すべり症や分離症は腰に直接アプローチしても良くなりません。

 

この症状の場合、腰をマッサージしたり、骨盤を矯正するだけでは、却って悪化をすることがあります。

 

この場合、注目すべきはお腹の中にある筋肉、「インナーマッスル」や下肢の筋肉を調整する必要があります。

 

かといって緩めすぎるのも問題で、却って腰が不安定になりしっかりと立てなくなります。痛みがあっても、程々の硬さを残してあげるのも大事です。

 

 

 

 

 

腸腰筋のアプローチを始め、すべり症の矯正を

安全に行います。

椎間板が潰れたりしている場合は、腸腰筋を

柔軟にして腰の屈曲と伸展をしやすくします。

ズレだけであれば、ソフトに負担を掛けずに

矯正していきます。

腰痛を良くしたいなら、腰にばかりクローズアップしないでください。

 

当院のホームページ等で、お伝えしていることですが、「腰が痛いというのは結果」としてそうなったということです。

 

他の部位の機能が十分でないのに、腰だけ良くしてもあまり効果がないということです。

 

急性の腰痛、いわゆるぎっくり腰などは、まず痛みを軽減することを目的としますが、慢性的な腰痛の場合は、何が原因で腰痛になったかということを考えなくてはいけません。

 

 

 

 

坐骨神経痛ページ

         ↑

ヘルニアや脊柱管狭窄症と言われて、

脚にピリピリした痛みやしびれがある方は

坐骨神経痛かもしれません。

 

画像をクリックすると、坐骨神経痛ページにジャンプします。

 

 

 

画像

更に、あなたの脚や足、手や腕、首や頭の状態はどうでしょうか?

 

これはほとんどの方がバランスが悪いです。末端の部位がしっかり機能していないので、他でバランスを取ろうとして、色々な所に負担が掛かっています。

 

骨盤だけ調整しても本来の機能を取り戻すことができません。まず、土台の足、しかも̪趾関節などの末端の部分から調整しないと、本来の機能が働きません。

 

小指側に重心がいってませんか?

足首が内側に曲がっていませんか?

外反母趾や内反小趾になっていませんか?

偏平足ではないですか?

 

これだけで、全体のバランスが崩れてしまいます。

 

では、手ってどうなんでしょうか?

実は手って一番使ってますよね。

現代人は脳と手、目を酷使しています。手は人間の運動分野の占める割合が30%もあります。

手は人間の身体のバランスにすごく直結していて、手だけで全身が調整できてしまう程、鋭い感覚器でもあります。

 

そして頭のバランス

頭の重さって5kgから6kg程あってとても重いですよね。

その頭がぐらついていたら、首や肩だけではなく、背骨や腰、さらには下肢まで影響が出ます。

 

このような要因が重なって、最終的にバランスの補正ができなくなり、腰に負担が掛かって結果としてヘルニアや狭窄症になっていくわけです。

 

 

 

まずは、あなたのお悩みをお聞かせください。

画像

院長の遠藤です。

まずはあなたのお悩みをお聞かせ下さい。

今どのような事で困っているか?

良くなれる方法を探している。

など、どのような些細な事でも構いません。お気軽にご相談下さい。

お話を伺ったうえで、あなたに最適な施術プランをご提案させていただきます。

当院の末端を整えて、腰を楽にしていく整体を受けてみませんか?

きっとあなたの辛い腰痛緩和の支えになれますので、良くなっていきたいと思われた方は、一緒に頑張っていきましょう!!

 

お問合せお待ちしております。

 

 

施術までの流れ

  • 画像

    お電話ありがとうございます!!

    あなたの「お名前」「どのような症状か」「ご希望の日時をお伝えください。

  • 画像

    来院後、お身体の状況を詳しくお聞きします。

    どのような些細な事でも構いませんので、お気軽にお話し下さい。

  • 画像

    お話を伺った後に、姿勢のチェックや動作のチェックを行います。

    関節の可動域や筋肉の状態を確認し、適した施術方法をお伝えします。

 

当院の腰痛整体は

1,もみほぐさない

2,バキバキしない

3,主訴を追わない

4,骨盤や脊柱の調整はほんの数分

5,遠位から整えていく

6,優しい安全な施術

 

みなさんが一般的に考えている整体の概念とは違う施術をいたします。

 

腰の痛みは、ヘルニアであろうと、脊柱菅狭窄症であろうと、結果的に痛みが出たということです。その原因や要因は、全く他のところにあります。

 

痛みやしびれは、血流が悪くなったりして筋肉が固くなることで起こります。血流が悪くなると、神経の伝達が悪くなり、しびれが出ます。

 

例えば、正座を長時間していて、立ち上がる時にしびれていたという経験は皆さんあるはずです。それと同じ原理です。

 

神経が完全に遮断されたら、麻痺です。

 

ヘルニアや、脊柱管狭窄症と言われても、良くなっていける理由は、そこにあります。

 

とはいえ、整体でできる事には限度がありますので、しっかりと整体で「できる事」と「出来ない事」はお伝えいたします。

 

 

ヘルニアや脊柱管狭窄症と言われても

諦めずに一度ご相談下さい。

なかなか良くならない慢性腰痛や

ピリピリ痛む坐骨神経痛。

腰痛以外の症状のお問い合わせも

お気軽にどうぞ。

 

048-797-8968

 

 

 

 

LINEからは24時間お問い合わせを受け付けます。

友達登録後トークができます。

「お名前」「どのような症状か」「ご希望の日時」

希望日時は、3パターンほど考えていただきますと、予約がスムーズです。

 

 

 

アクセス方法

お車でのアクセスが便利です。駐車場あり。

県道10号線(春日部松伏線沿い)

旧国道4号線は藤塚橋から

4号バイパスは春日部市赤沼交差点から

国道16号線は藤の牛島入り口

からアクセスできます。

 

春日部駅東口より、豊野工業団地行きバスで「文化住宅入り口」下車すぐ。