院長あいさつ僭越ではありますがご挨拶させて頂きます。
はじめまして

当院のホームページを見て頂きありがとうございます。

Total Body Cure癒か里院長の遠藤紀幸(えんどうのりゆき)と申します。

 

数ある治療院の中から、当院のホームページにアクセスして頂けた事、とても嬉しく思います。

 

何らかの痛みや不調があって、様々な治療院をお探しの事でしょう。もし当院のホームページを見て、少しでも気に留めて頂き、施術を受けてみようかな?と思ってくださればこの上ない喜びです。

 

 

院長の略歴

遠藤紀幸(えんどうのりゆき)

1967年(昭和42年)4月18日、東京都品川区戸越で生まれる。

家族構成:妻、実母と3人

性格:基本穏やか、時に頑固な一面もあります。

趣味:ギター・音楽鑑賞・料理

ロックからクラッシックまで幅広く。

特にハードロック系の音楽が好き。高校生の時からギターをはじめました。

邦楽ではサザンオールスターズが好き。

料理:休日の夕食は私が担当。自分で言うのもなんですが料理はイケメンです。

 

 

今の仕事の原点:手塚治虫のブラックジャック。

 

小学生の時ブラックジャックを読んで医者に興味を持つ。

でも医者になるには全てが足りなかった。

 

高校卒業後サラリーマン生活を約20年ほど送る。

 

整体専門スクールの資格認定合格後、インターンを経て、直営院にて店舗責任者や副院長を担当。

不振店舗の売上を上げた実績を持ち、その後勤務した整骨院グループでは、常に施術人数ランキング上位。

開業までに施術した延べ人数は3万人以上。

10年の勉強期間を経て、東京銀座で「銀座の整体院癒か里」を開院。

 

その後地元の地域に貢献したいと考え、2019年3月、春日部市藤塚に「Total Body Cure癒か里」をオープン。

現在に至る。

 

プロフィールの詳細はこちらをお読み下さい。ちょいと長いですが(w)

     ↓

https://ginza-yukari.jp/profile/

 

 

 

 

私が整体師になろうと思ったきっかけ

私は所謂「この道一筋」ではありません。

様々な人生経験をした中で、人の役に立てて一生情熱を掛けて打ち込める仕事はないか?と探し、出会ったのが整体でした。

 

私は小さい頃から怪我が多く、骨折は2度、腰痛、膝痛は小学生の頃に経験しています。

 

そのたびに接骨院や整形外科に通院しており、治療院というものは身近な所でした。

 

小学生の頃から身長体重がそこそこあり、まあまあのデブでした。小4から急激に背が伸びたため、成長痛で膝が痛くなったり、当時少年野球をしており、素振りをしていたらギックリ腰になったりと、怪我をしやすい体質でした。

 

余談ですが小6で身長162cm 、体重70kg超えで、これからもっと成長するのかと思ったら、これ以上身長が伸びることはありませんでした。一生のコンプレックスです。

 

社会人になってからも立ち仕事で、腰や膝は慢性的に痛く、若いうちはカバーできていたものが、30半ばぐらいになると修正が効かなくなり、ついには腰、膝が悲鳴をあげるように・・・。

 

整形外科では膝にヒアルロン酸を注射したり、腰を牽引したりとやってはみたものの、あまり改善されず、他の治療法を色々試していく中、整体にたどり着きました。

 

数件整体院を回ると同時に、整体スクールを探していたのですが、1件のスクールが目に止まり、授業の見学とスクールの直営院で体験施術をしてくれるということだったので、申し込み見学と施術体験を受けたのです。その整体院で、これまで何をやっても変わらなかった痛みが、1回の施術で劇的に変わったのです。

 

そこでの施術は全身を調整し、腰が痛くても足から施術していく、これまで経験したことが無い施術でした。最初は激痛でしたが、次第に血流がよくなり体が楽になっていき、施術後立ってみたら嘘のように軽く、整体でこんなにも身体が楽になるんだという事を実感できました。

 

迷わずここで学びたいと強い気持ちが湧いてきました。

 

この頃丁度40歳。当時リーマンショック、それ以前から、バブル経済崩壊後、会社の業績は悪く、人件費削減のため、正社員を減らすべく早期退職を募っており、40を過ぎてからの転職は厳しい、ではどうすればいいのか?毎日のように悩み、将来の不安や勤務時間も不規則で、身体も精神的にも疲れ果てていました。

 

ただし自分の中では、バブル経済が崩壊後は将来的に終身雇用は無くなると考え、40歳ぐらいまでに独立して、生涯できる仕事をしたいと考えていました。でもその当時は、具体的にやりたい仕事は見つかっていませんでしたが、ひたすら研究するような仕事をしたいと、漠然と考えていました。

 

小さい頃から怪我が多かった事で、代替医療には関心があり、柔道整復師や鍼灸師は資格を取りたいと思ったことはありましたが、数ある代替医療の中で、整体が自分にとってはベストマッチだったのです。なので、違う仕事をするのであれば医療系の仕事だろうなという事はありました。

 

整体をやりたい思いと、生活面の不安等心の葛藤が続いていましたが、やってみたい気持ちが日に日にが強くなり、妻も説得の上、20年努めた会社を退職して整体のスクールに通うことに。

 

ここが私の人生における最大のターニングポイントでした。

 

退職後、日中は派遣で仕事をしながら、夜間や休日を利用して1年半、整体師の心構えや基本的な技術を学んでいきました。十数年経った今でも、整体スクールで学んだ事がベースにあり、その学びは一生の財産です。

 

学生→インターン→直営店勤務→外部治療院勤務を経て独立開業し、今に至っております。

 

開業までの勉強期間に様々な出会いがあり、様々な方の助けがあり、苦労、挫折があり、現在の自分があります。私が開業するにあたり、スタッフ、患者様から沢山の励ましと祝福をいただいた他、別れが惜しくて涙する患者様もあり、そんな風に思って頂けたのかと、恐縮するほど自身が感激してしまいました。

 

開業してからも、様々な壁にぶち当たっていますが、患者様の症状を改善できない時には、申し訳無さと悔しさが湧いてきます。何よりも、せっかく来て頂いたクライアント様の期待に応えられない事が一番悔しいです。

 

でも、その悔しさがバネになり、私を成長へと導いてくれるのです。

 

正に患者様こそが私の先生なのです。私が治すなんてとんでもない事で、患者様が施術を通じて私に身を持って教えてくれているのです。

 

整体で改善できない事はあります。ですが、出来ることを追求していくのが、私が皆様から信頼を頂くために、挑戦し続けなければならない事です。

 

一方で、症状が改善しクライアント様に笑顔が出てきた時は、「やって良かった」という気持ちになり、もっと頑張ろう!と自らを奮い立たせています。

 

私はこれまで自信が持てるものが何もありませんでした。

 

勉強もスポーツもできない、格好いいわけでもない人間ですが、整体という自分が真剣に取り組める仕事に出会うことができました。仕事をしていく中で、一人一人に真剣に対応して得られた成功体験の積み重ねが、今に繋がっています。

 

何の取り柄もない私ですが、そのような私にもできる事があります。怪我を始め、精神的に辛かったこと、挫折など、人の痛みや苦しみ、辛さはこれまでの経験を元に共感することができ、アドバイスすることもできます。

 

この整体という仕事を通じて、様々な人に出会い、人から学び、人を助けたり助けられたり、その度に新たな気づきがあり、とても良い仕事に出会えた事を感謝しています。

 

整体はまだまだ発展途上のものであります。世間的に正しく理解も評価もされていませんし、技術や理論も確立されていません。だからこそ正しい知識と理論を学び、実践していった中で多くの方の理解と賛同を積み重ね、認知していただけるよう頑張ります。

 

この春日部の地においても、地域の方々との出会いを大切にし、皆様の健康つくりにお役立て頂けますよう、日々研鑽を積んでまいります。

 

整体の仕事を体力が続く限りやっていきたいと思っております。整体師として、また人間としても、50半ばの年齢でありますがまだまだ発展途上でございます。どうか暖かくご指導ご鞭撻下さい。

 

末永く、宜しくお願い致します。

 

 

当院の屋号の由来

癒か里(ゆかり)と呼びます。

字だけを見ると、単純に「癒やしの里」ですが、

もちろん「心と身体を癒せるふる里」である存在として根ざしていきたい、という思いがあります。

 

その他にも「ゆかり」という言葉を漢字で表すと「縁」=「えん」「えにし」といった人や土地に関する意味合いもあります。

 

人生において、様々な出会いから生まれる御縁というものは重要で、その出会いや繋がりこそを大切にしたいとの思いで名付けました。

 

癒か里の前の「Total Body Cure」「トータル ボディー ケア(本来cureキュア=治療ですがケアにしています。)には身体全体、心も身体もトータルで対応するという意味合いがあります。

 

癒やしから治療まであなたそのものをみるという考えで付けました。

 

現在は横文字の洒落た屋号が多いですが、どことなく日本的な名前も良いなと思って名付けました。「傷を癒やす」「心を癒やす」「疲れを癒やす」個人的には良い言葉だなと思います。

 

そんな意味合いがあるということを知って頂ければ嬉しいです。

 

 

 

私が推薦します!!

越谷市蒲生

白寿堂鍼療所・整骨院統括マネージャー 琴 基臣先生

遠藤先生とは5年一緒に仕事をさせて頂きました。

施術を慰安から治療まで幅広く患者様に合わせる事のできる器用な先生です。

常に患者様1人1人の身体に目を向けて、その時のレベルに基づいた的確な指示をしていて、勉強家の先生です。

何よりも患者様に優しく、時には厳しく接してくれる、人情味のある先生です。一緒に仕事をしてきた者として、皆様にもぜひ一度施術を受けて頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

私から皆様へのお約束

1,毎日院内を清掃し、整理整頓します。

2,月に1度はモップがけします。

3,電話にはハキハキした声で応対します。

4,身だしなみは清潔感を出します。

5,日々技術の追求をします。

6,失礼の無い接遇をします。

7,回数券の押し売りしません。

8,サプリなどの物販致しません。

9、危険な施術致しません。

10、お酒の飲み過ぎに気を付けます。

 

新たに思いついたら追加していきます。

 

 

 

すみません、このような事はできないしやりたくないんです。

1,1回で完全に症状を消すこと(施術において魔法はありません)

 

2,クライアント様の身体を壊すような危険な施術(理論も根拠もない施術は百害あって一利無し。動画で配信されているようなパフォーマンス的な施術も嫌いです。)

 

3,明らかに整体では無理な症状(まずは病院での治療を受けて下さい。)

 

4,カウンセリングに協力して頂けない方への施術(信頼を築くための一歩です。)

 

5,私への信頼がない人への施術(私は誰に対しても真剣に対応しますが、私に対して不信感や否定的な態度を取る方には、結果を出して差し上げる事ができません。)

 

 

最後に私からのお願いがございます。それは、

直前のキャンセルはしないようにお願いします。

やむを得ない場合を除き、キャンセルの場合は前日か当日の早い時間帯でお願いします。

 

その時間を確保していると共に、収入が無くなってしまいます。不労所得ではないので、これをやられると精神的にかなりヘコミます。

 

直前のキャンセル、無断キャンセルの場合、キャンセル料としまして100%の施術料金を頂きます。請求がありました場合、速やかにお支払い願います。

 

更に、今後の対応をお断りさせて頂きますので、ご理解下さい。

 

お互いに嫌な思いをしないよう、何卒ご理解頂けますようお願い致します。

 

 

あなたの辛い慢性症状

悩まずに今すぐお問合せ下さい。

☎048-797-8968

LINEでのご予約、お問い合わせは下のバナーをクリックして下さい。

 

 

 

友達登録をしてからトークが開始できます。

「お名前」「ご希望の日時」「どのようなお悩みか」を入力していただき送信して下さい。

内容を確認し返信いたします。

直前のご予約はお電話にて受け付けます。